ソーシャルゲームのプランナーの役割を担っていた際の出来事です。
上司は私の1年後に入社しましたが、プランナー経験が豊富であることから私の上司という立ち位置で、上司は主に売上を管理しながら運営スケジュールの考案を主に担当、私はイベント企画の考案を主な担当として分担作業をしていました。
そんなある日、上司から売上が下がってきているので、売上向上の為の良いアイデアを出せと社長から指示が出た。自分は思いつかないので何か考えて欲しいとの相談がありましたので、私なりのアイデアを提案しました。
その数日後、社長と上司、私の3人で売上向上についての会議を行う事になり、その際に社長から売上向上のアイデア考案を上司だけが行っており、私が全く考えていないという事を怒られました。
今回以外にも売上向上に関するアイデアについての相談毎は過去にも何度か受け、その度にアイデアを提案していましたので、私は正直何故そんな事を言われないといけないのか分かりませんでした。
そのまま社長の話を聞いていると、今まで私が提案したアイデアは上司自らが考案したアイデアとして社長に報告されていた事というが発覚しました。
その事を理解した私は、上司に対して怒りを覚え、社長に今回のアイデアを含め今までのアイデアは全て私が考えて上司に提案したものである事を伝えました。
社長は私の話を聞いた後、上司に対して私の言っている事は本当かと尋ねると、報告の際に私が考えたという事を伝え忘れていたかもしれないといった言い訳をはじめました。
その様子を見て怒りが増しそうになりましたが、社長から上司に対して今後は自分の考案のように報告することはやめる様に注意してくれたので、私も怒りを収め会議は終了となりましたが、上司に対して非常にイラッとした出来後でした。女性ホルモンを増やす方法とおすすめサプリメント比較